ベルブランの使い方で迷っているなら必見!

ベルブランの使い方はどうしたらいい?効果的な使用方法とは?

ベルブラン使い方



ニキビの跡が気になる方に人気の美容液ベルブランですが、使用するにあたって、

ベルブランの使い方ってこれで合ってるの?大丈夫なの?

と疑問に思うことが沢山あると思います。

そこでベルブランの使い方でよく質問になることについてお答えしていきたいと思いますので、ベルブランの使い方でなにか迷っていることがある方はよく見ておいてくださいね。

まずは、いつベルブランを使用すればいいのか?という疑問です。

ベルブランは基本的には朝と夜の2回、洗顔後に4〜5プッシュ使用していただくのがベストです。
油溶性甘草エキスがお肌への通り道を作ってくれて、そのあとの基礎化粧品の通りを良くし、肌に馴染みやすくするためです。

また、パックや美容液など、化粧水をつけたあとに使用するものに関しては、

洗顔→ベルブラン→化粧水→美容液(パック)→クリーム

といった順番で、ベルブランを洗顔後、一番最初に使用することで効果を感じやすくなります。
今お使いの美容液がある場合は、一緒に使用しても問題はありません。

ベルブランを使ってみて効果を感じられるまでの期間ですが、やはり人それぞれお肌の状態や生活習慣も違いますので、効果を実感できるのは個人差がありますが、肌のターンオーバーを3,4回繰り返した方が一番効果を感じられているようです。

大体、若い方のお肌のターンオーバーの周期が28日前後だといわれていますが、年齢とともにターンオーバーの周期も長くなっていきます。
目安としてはあなたの年齢に1.5〜2を掛けた数字が、ターンオーバーの周期になるそうです。

ベルブランを使ってみて効果を一番感じられるのは、ターンオーバーを3,4回繰り返してからということですので、ご自身の年齢に合わせて計算されることで、効果を実感出来るまでのおおよその期間が分かるかと思います。

すぐに効果が無かったと諦めず、年齢に応じた期間を使用してみるまでは、様子を見たほうが良いと思います。

他に多かった質問は、敏感肌や妊娠中でも使用して良いのか?という意見でした。

ベルブランの成分には添加物を一切配合していないというこだわりがあり、

合成香料 ・タール系色素 ・鉱物油 ・石油系面活性剤・紫外線吸収剤・動物性原料・シリコン・パラベン

といったものは使用していません。

こういったことから、肌が敏感な方はもちろん、乾燥気味の肌、または部位によってカサカサ・ベトベトといった混合肌の方でも、安心してベルブランを使用することが出来ます

美容液といえばベタつきが気になる・・といった方も多いと思いますが、ベルブランの使用感はしっとりしているわりに、ベタつくこともなく、普段のメイク前に使用しても問題なく使用することが出来ますし、他の美容液を使っていたとしても併用して使用することが出来ます。

なかには、妊娠中でもベルブランを使用できるのか気になる方もいらっしゃるようですが、ベルブランは薬ではないので基本的に使用することに問題はありませんが、妊娠中というのは普段とホルモンバランスが違いますので、お肌が敏感に反応してしまったりといったことも考えられます。
なので、どうしても気になるのであればお医者様に相談してみたほうが良いかと思います。

ベルブランの使い方で迷っていらっしゃる方は、少しでも参考になりましたでしょうか?
こちらのサイトではベルブランの使い方について詳しく説明されていますので、使い方が気になる!って人は一度覗いて見てくださいね(^^)

ベルブランの詳しい使い方を見るにはコチラをクリック!
   ▼  ▼  ▼  ▼  ▼
※ニキビ跡専用!【ベルブラン美容液】

にきび予防になる洗顔法

適切なスキンケアは、にきび予防に最も効果を発揮するのです。顔に出た余分な皮脂を洗い流すための洗顔は、余分な角質も取り除いて毛穴も清潔にしてくれるので、にきびを防ぐ上で大変有効なのです。にきび予防の際の洗顔料は肌への刺激が少なく、余計な添加物がなるべく入っていないものが望ましいです。にきびをケアするなら洗顔料は弱酸性のものがよく、それは人の肌がもともと弱酸性なため、弱酸性ならPH値を乱して肌に負担をかけることがないからです。洗顔するときは、お湯は33℃〜37℃あたりのぬるめにし、はじめに肌を十分ぬらしてた洗いをしておきます。このぬるま湯であることが効果を生み、ざっと汚れを落としながら毛穴を開かせ、さらに細かい汚れが落ちてにきび予防になります。肌の潤いを失わないため、皮脂を落としすぎないためにも、お湯は熱すぎないほうがいいのです。この下洗いで、汚れはすでに7割も落ちていて、また肌が乾燥する人は、もっと塗るめのお湯を使ってもいいでしょう。下洗いが済んだら洗顔料を使って洗いますが、このとき泡をしっかり立てるようにしましょう。にきびの予防には洗顔料の泡をしっかり立てることが重要で、泡が弾力のあるクリーム状にまでなると、細かい粒子が出来上がり、これが毛穴の中に入り込んで汚れをしっかり落としてくれるからです。洗うときごしごしこすってはだめで、手は触れず、泡が転がるような感じで洗いましょう。すずきは、肌に洗顔料が残ってしまうと、にきびの原因になるので、洗顔の倍の時間を目安に洗い流し、最後に乾いたタオルでこすらないように軽く叩く感じで顔を拭きます。

毛穴のしくみ

生き物の皮膚に存在している小さい穴のことを毛穴といいます。そのような穴から毛が生えるため、毛穴という名があります。毛穴は皮脂を分泌する穴でもあります。この皮脂は、人間の皮膚の表面を覆うことで水分を維持しているという役目を持っています。皮脂は毛穴にたまって放置されると角栓となるため毛穴を塞ぐようになってしまい、毛穴本来の機能は低下してしまうのです。顔は肌が薄いため、毛穴がいったん開くとその毛穴ばかりが目立ってしまうことになるのです。汗を多くかきやすい夏場などは、皮脂が多く分泌されるのです。普段は引き締まっている毛穴がだんだん開いていきます。寒くなる時期が来ると、毛穴は再び引き締まっていくのです。これをずっと繰り返すうちに、毛穴が開きっぱなしの状態になり、元の状態に戻れなくなる、ということもあるのです。毛穴の開きには、歳をとっていくことも関連があります。歳をとるとコラーゲンが減っていくため、皮膚は緩んだ状態になり、毛穴が開いたように見えるわけです。

毛穴と美肌

毛穴と美肌には、深い関係があります。肌は水分が減ると乾燥してしまい、弾力がなくなって肌のきめも失ってしまいます。それで肌荒れが起きたりしわやたるみができたり、また毛穴も開くなど、トラブルがおきやすくなります。肌の乾燥はターンオーバーの乱れにつながり、毛穴が開いてしまうことになり、また角質層の育成を妨げて、毛穴のトラブルとともに肌トラブルをも招くことになるのです。毛穴のトラブルを防ぐため、毛穴ケアを行っていくと、美肌を維持することにつながります。美肌維持のために保湿ケアをすることと、同時に加齢とともに失われる保湿成分を補給することが大切です。肌をふっくらさせるため、毛穴のケアのときに保湿をしっかりすると効果的です。毛穴にも水分が十分に行き渡って毛穴が目立たなくなると同時に、キメの細かいツヤのある美肌にもなります。毛穴のケアでビタミンC誘導体が使われている化粧水などを使うようにすると、毛穴を引き締める効果が働いて、同時に美肌を維持することができます。化粧水によるスキンケアの後は、保湿成分の高いクリームや乳液を使い充分に保湿をしてあげる事が大切です。保湿成分がきちんと補給できたなら、心地よい眠りに落ちることができるようにし、毛穴のケアのためにもしっかり眠りましょう。美肌を保つためにも、毛穴のことをちゃんと意識したスキンケアをするようにし、お肌の乾燥を防ぎましょう。

 

サイトマップ